ブランド製品と人気のママチャリ

My favorite bicycle

その他のメニュー
「自転車 マナー」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/gaus42vt/halfmadpoet.com/manner.html on line 78

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%80%80%E3%83%9E%E3%83%8A%E3%83%BC): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/gaus42vt/halfmadpoet.com/manner.html on line 78

自転車に乗るならマナーを守ろう

自転車に乗るならマナーを守ろう 自転車は日常の足として子どもから老人まで老若男女を問わず利用されている便利な乗り物です。
しかし、一般的になりすぎたためか、マナーを守らずに危険運転をしていることが頻繁に見受けられます。
自転車に乗るのであれば、マナーを守って安全に乗らなければなりません。
まず、自転車は軽車両に分類されるため道路を走行しなければなりません。
標識が設置されているところや、子どもと老人に限っては歩道を走行することも認められていますが、それ以外の多くの人が歩道を走行することは厳密には違反行為なのです。
近年増えているのが、スマートフォンを操作しながら走行している自転車です。
前を見ていないだけでなく、スマートフォンを持っているため片手運転になっていて蛇行していることも珍しくありません。
また、こういった危険運転を行う人は歩道を走行していることがほとんどのため、歩行者にとっても危険な存在です。
マナーを守る人が増えなければ、さらなる規制が課せられる可能性もあります。
マナーを守り、安全運転を心がけましょう。

自転車の安全を確保するためのメンテナンス

自転車を安全に乗りこなすためには、車体の維持管理が欠かせません。
消耗部品の性質を理解して、交換時期を見逃さないようにすれば、予想外のトラブルを回避できるようになります。
ブレーキの管理も欠かさずに行うことで、走行性能を向上させて、安全性を確実に高めることができます。
自転車に乗る前には、パーツの安全確認を行うことも必須です。
サドルの歪み具合を確かめたり、ハンドルやペダルが固定されているかどうかを確認していきます。
この段階で異常があれば、直ちに修理をして、自転車の機能を復活させる必要があります。
整備に自信がないときには、専門店に修理や点検を依頼することも大切です。
サイクリング中の危険は、昼間よりも夜間に増大しますから、ヘッドライトのメンテナンスも必要です。
スポーツ自転車の場合には、取り外しが可能なライトを使うことが多く、電池残量を把握することが重要になります。
ダイナモ式のライトを使う場合にも、定期的なメンテナンスを行っておけば、夜間でも安全を確保できます。

recommend

2016/7/14 更新